まちに賑わいを!
「サイクリングの郷づくり事業」

分類
まちづくり 観光振興 農山村・中山間地域振興 子どもの健全育成
地域
東部地域:男川・美合・生平・秦梨・緑丘・竜谷・藤川・山中・本宿 その他
実施団体名

宮崎まちづくり協議会サイクリングの郷づくり委員会

主な活動場所

宮崎学区

背景・目的

宮崎学区のくらがり渓谷に至る街道は、多くのサイクリストが往来する地域です。最近、絆の森にMTB(マウンテンバイク)の初級・中級者向けコースができました。また岡崎市サイクリング大会では、エイドステーション(応急救護や水分補給などができる施設)の開設や県道沿いの清掃を一緒に行うなどして、サイクリストとの交流を深めてきました。 サイクリングの郷づくり事業は、宮崎学区を「交流のまち」として、住民と来訪者がふれあうことを目的としています。関係人口を増やすために、サイクリストが地域と多様な関わりを持つことで、宮崎学区に「にぎわいを創出」する取組をしています。

事業内容

・岡崎市サイクリング大会に協力
・里山でのデュアスロン大会とMTBの親子体験
・サイクリストと共にロードクリーン活動を開催

成果・課題

 2023年9月、岡崎市サイクリング大会で額田支所にエイドステーションを開設しました。多くのサイクリストに「サイクリングの郷づくり活動」を紹介することができ、宮崎学区への関心を高めることができました。また年に2回、春と秋に開催しているサイクリストと会員とのロードクリーン活動は、交流がより深まり、地域の思いを感じていただきサイクリストの往来が増加しました。  地元主催のイベントそして、小学生を対象にしたデュアスロン大会やMTBの親子体験(15組が参加)の実施しています。多様な世代に宮崎学区への関心をもってもらうきっかけを提供できました。  イベント開催時のスタッフが不足しており、定期的に参加してくれるボランティアの確保や、イベントの周知が出来る人材不足が課題です。

求めているヒト・モノ・コト

・地元サイクリストの協力
・イベント開催時のスタッフ
・イベント開催の情報発信ができる人材

関連サイト

本活動へのお問合せ

宮崎まちづくり協議会サイクリングの郷づくり委員会