伝統的な地域のおまつり復活
【花のとう】

分類
まちづくり 観光振興 地域安全 子どもの健全育成 経済活動
地域
西部地域:矢作東・矢作北・矢作西・矢作南・北野
実施団体名

花のとう実行委員会

主な活動場所

西部地域交流センター・やはぎかん及び周辺

背景・目的

岡崎市矢作地域で古くから続くお祭り「花のとう」は、お寺の催事に加え、地元商店会を中心に、お寺に面する沿道を歩行者天国にして様々な露店が立ち並ぶ賑やかな催しでした。ところがコロナ禍で2年休止し、そのまま沿道の催しは廃止が決まってしまいました。 しかしこの行事は、町の賑わいや人と人の繋がりをもたらしていたため、「コロナ禍を理由に廃れさせてはいけない!」と有志が集結し、復活に向けた奮闘が始まりました。地域の伝統文化を次世代に残すとともに、地域全体の多様な団体、人々が協力し、地域住民同士の交流や繋がりを強化することを目的に活動しています。

事業内容

  • 地域の歴史や伝統を子どもたちに伝承するための展示、地域文化紹介のブースの設置
  • 地域商店やキッチンカーの出店による地域経済の活性化
  • 近隣保育園、高校、地域住民による発表の場づくり
  • 多様な団体が活躍できる場づくり(学校、企業、地域団体などのブース出店)
成果・課題

    【成果】
  • 2023年5月「復活・花のとう」を実現。雨天にもかかわらず来場者は2,000人を超えました。
  • 地域団体や教育機関など賛同者が日に日に増え、多様な団体により実行委員会が組織され、実施に至りました。
  • 実行委員会で顔の見える関係ができたことにより、副次的に地域防災などの不測の事態に備えた連携の強化もできました。
  • 【課題】
  • 活動資金調達
  • 開催場所の確保
  • 各所への申請(道路維持課/保健所等)
  • 連携先との調整、寄付活動等の人材不足
求めているヒト・モノ・コト

  • ヒト…当日以外の準備・調整に携われる人材、他学区・他地域からのサポートメンバー(賛同者)、後継者
  • モノ…過去の地域資料(主に写真)、運営備品
  • コト…広報物作成スキル、SNSスキル、継続するためのノウハウ

関連サイト

本活動へのお問合せ

花のとう実行委員会